トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  日立連合ねぶた委員会

日立連合ねぶた委員会

九尾の狐  「玉藻前」

作: 北村 蓮明



平安(へいあん)時代(じだい)末期(まっき)鳥羽(とば)上皇(じょうこう)寵愛(ちょうあい)()けた「(たま)藻前(ものまえ)」という絶世ぜっせい美女びじょがいた。

しかし上皇(じょうこう)次第(しだい)(やまい)()せるようになり、心配(しんぱい)していた家臣かしんたちは、陰陽師おんみょうじ安倍あべのやすなり依頼いらいし、うらなわせるとたま藻前ものまえ仕業しわざ見抜みぬく。

中国(ちゅうごく)では(いん)(ちゅう)(おう)(きさき)()(っき)()のり、(しゅう)(ゆう)(おう)きさき褒姒ほうじのり、天竺てんじくでははんぞくおうきさきとなり、ことごとくおうまどわしくにほろぼしたきゅうきつね。そしていま日本にほんたまのる」

安倍(あべ)真言(しんごん)(とな)えると、(たま)()(くる)しみもだえ、形相(ぎょうそう)え、ついにその正体しょうたいあらわして、天空てんくうってったのである。

(きゅう)()(きつね)はその()那須(なす)野原(のがはら)()いつめられ絶命(ぜつめい)したものの、巨大きょだいどくいし変化へんかし、ちかづく人間にんげん動物どうぶつなどいのちうばうようになった。

しかし、玄翁(げんのう)和尚(おしょう)霊力(れいりょく)でその(ちから)(よわ)められ、「殺生(せっしょう)(せき)」としていまっているという。

 


≪ 青森市役所ねぶた実行委員会 2018年の大型ねぶた紹介 東北電力ねぶた愛好会 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。