トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  JRねぶた実行プロジェクト

JRねぶた実行プロジェクト

風神雷神

作: 竹浪 比呂央



 風が吹き、雲を呼ぶ。

 たちまち黒雲たちこめて、稲光が走る。

 風神と雷神は大地に恵みの雨をもたらす。

 

 農作物に多大な被害を与える暴風を鎮めるため祀られた風神。

 日照りや水不足で困り果てた時に雨神を呼び、多くの人々に信仰されている雷神。

 

 青森県津軽地方の信仰の対象である岩木山(いわきさん)では、毎年旧暦の八月一日までの三日間、豊かな実りの秋を祈願して人々が集団(しゅうだん)登拝(とうはい)するお(やま)参詣(さんけい)が行われる。参拝者たちは、登山囃子が鳴り響く中「サイギ、サイギ」の掛け声に合わせ登拝する。

 

 岩木山お山参詣を背に天上を舞う風神と雷神。この地球の異常気象を封じ、青森から世界の五穀豊穣を祈り奉るねぶた、ハレの出陣である。

 


2018年の大型ねぶた紹介 に組・東芝 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。