トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  県庁ねぶた実行委員会

県庁ねぶた実行委員会

托塔天王 晁蓋

作: 大白 我鴻



 (ちょう)(がい)は中国の四大奇書の一つである「水滸伝」の登場人物で梁山泊(りょうざんぱく)の二代目首領。

ある谷川を境として、東渓村(とうけいそん)西渓村(せいけいそん)の二つの村があり、西渓村(せいけいそん)では妖怪が出ては人々を困らせていた。

ある時、一人の旅の僧が、西渓村(せいけいそん)の谷に宝塔を建て、妖怪が入り込まないようにしたところ、西渓村(せいけいそん)には無事が続いたが、今度は、西渓村(せいけいそん)から逃げた妖怪が東渓村(とうけいそん)へと集まってしまう。

それを聞いて怒ったのが、東渓村(とうけいそん)名主(なぬし)(ちょう)(がい)。ある夜、独りで谷川を渡って行き、西渓村(せいけいそん)に建てられた宝塔を担いで帰り、東渓村(とうけいそん)に据えると妖怪は現れなくなった。

このとき以来、(ちょう)(がい)托塔(たくとう)天王(てんのう)と呼ばれるようになった。

だが、再び西渓村(せいけいそん)が被害にあうようになり、(ちょう)(がい)も自分の短慮を反省し、身銭を切り同じ宝塔を西渓村(せいけいそん)に建てたと言われる人物。


≪ 東北電力ねぶた愛好会 2018年の大型ねぶた紹介 あおもり市民ねぶた実行委員会 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。