トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  パナソニックねぶた会

パナソニックねぶた会

元禄 水滸伝

作: 北村 蓮明



()()()(だい)(げん)(ろく)(ころ)になると、(へい)()(つづ)き、(のう)(ぎょう)(はっ)(てん)により、(しょう)(ひん)(さく)(もつ)(はこ)ぶため、(まち)(こう)(つう)(はっ)(たつ)した。人々(ひとびと)(せい)(かつ)()(だい)()()になり、(ちょう)(にん)たちを(ちゅう)(しん)に、(うき)()(ぞう)()()()()(じょう)()()(うき)()()などが(さか)え、()(ゆう)()()きと(かっ)()にあふれていた。

()()には、(だい)(しょう)(にん)()まれ、(とみ)(たくわ)え、()(だい)(ちから)(つよ)めていった。(なか)には「()(ごく)沙汰(さた)(かね)()(だい)」と(ふい)(ちょう)する(あく)(とく)(しょう)(にん)もいて・・・。

ねぶたは、()(きょう)(しん)あふれる(わか)()(しゃ)(おう)(ぼう)(きわ)める(あく)(とう)(ゆる)せず、()(ごく)()()み、()(とう)(さい)(だん)をする「(えん)()」を()らしめに()()(めん)

(こん)(めい)(つづ)く、この()(かい)(ゆう)()()って、()()かっていきたいと(ねが)うものである。

 


≪ ヤマト運輸ねぶた実行委員会 2018年の大型ねぶた紹介 青森自衛隊ねぶた協賛会 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。