トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  サンロード青森

サンロード青森

甲斐の虎・越後の龍「川中島の決戦」

作: 千葉 作龍



下剋上(げこくじょう)に明け暮れる戦国の世。

関東(かんとう)管領(かんれい)上杉(うえすぎ)(けん)(しん)は弱体化した足利(あしかが)将軍(しょうぐん)庇護(ひご)すべく、正義(せいぎ)秩序(ちつじょ)の戦いを繰り返していた。

謙信は、自らを「毘沙門天(びしゃもんてん)」の化身(けしん)と称し、その戦いは四十九年の生涯に於いて数十回に及んだ。

中でも十年余に及ぶ宿敵「甲斐の虎・武田(たけだ)(しん)(げん)(はる)(のぶ)」との五度に渡る川中島での合戦は、熾烈しれつを極め雌雄しゆうを決することは無かったという。

(えい)(ろく)四年(1561年)秋。

四度目の川中島での合戦。

鞭声(べんせい)粛々(しゅくしゅく)と未明の千曲(ちくま)(がわ)を渡る上杉軍。

その時、(あさ)(もや)に煙る武田の陣に、信玄目掛けて(ただ)一騎(いっき)

「越後の龍・上杉謙信(てる)(とら)」 いざ 見参(けんざん)!!


≪ に組・東芝 2018年の大型ねぶた紹介 青森山田学園 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。