トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  私たちのねぶた自主製作実行委員会

私たちのねぶた自主製作実行委員会

平治の乱 平重盛と悪源太義平

作: 私たち一同



保元の乱では共に組んだ源義朝と平清盛だが、義朝は恩賞の差に不満を抱いていた。
一方、後白河法皇に取り入れられ、勢力を伸ばす清盛。
熊野詣に出かけ、京都を留守にした1159年(平治元年)12月。
義朝は法皇の御所『東三条殿』を焼き討ちにし、法皇を幽閉。
こうして平治の乱が引き起こされた。
乱を知った清盛は急いで京に引き返し、法皇を奪還。
清盛は兵を挙げ、義朝は落ち延びた先の尾張で暗殺された。
この乱により、源氏は壊滅的な被害を被り、平氏政権が誕生した。
 
この乱に於ける戦いの白眉は『紫宸殿の戦い』と呼ばれるものである。
清盛の長男、重盛が平安京大内裏の待賢門に五百騎で攻め入ったのだが、
それを義朝の長男、弱冠19歳の義平が手勢わずか17騎で迎え撃ち、重盛軍を散々に蹴散らした。
その時、紫宸殿前庭で一騎打ちした義平は、重盛の首を掻く寸前まで追い詰めたという。


≪ 消防第二分団ねぶた会・アサヒビール 2018年の大型ねぶた紹介 NTTグループねぶた ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。