トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  ヤマト運輸ねぶた実行委員会

ヤマト運輸ねぶた実行委員会

白浪五人男

作: 北村 隆



盗賊(とうぞく)を主人公にした世話物(せわもの)のことを、特に「白浪物(しらなみもの)」と呼んでいる。

主人公は盗賊だが大悪党(だいあくとう)というよりは義理(ぎり)人情(にんじょう)の絡められた人物である。

弁天小僧菊之(べんてんこぞうきくの)(すけ)南郷(なんごう)力丸(りきまる)は、共に大盗賊日本(にほん)駄右衛門(だえもん)の子分。

弁天小僧は美しい武家娘(ぶけむすめ)に、南郷はその(とも)(ざむらい)に姿を変えて鎌倉の浜松屋を訪れわざと万引きをしたように見せかける。その二人の正体を見破(みやぶ)ったのはすでに浜松屋に入っていた侍姿の駄右衛門。一連(いちれん)の万引き騒動は、駄右衛門を浜松屋に信用させるよう一味(いちみ)が仕組んだ芝居だったのだ。

この三人に、忠信(ただのぶ)()(へい)赤星(あかぼし)(じゅう)三郎(さぶろう)を加えた五人の盗賊たち(白浪五人男)は、後日浜松屋に押し入るが、捕手に追われて(いな)瀬川(せがわ)勢揃(せいぞろ)いし名乗りをあげる。

歌舞伎では「志ら浪」と書いた番傘(ばんがさ)に手ぬぐいを肩に名乗りを上げ、素性(すじょう)を明らかにする名場面(めいばめん)である。


≪ 日本通運(株)青森支店ねぶた実行委員会 2018年の大型ねぶた紹介 パナソニックねぶた会 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。