日本の火祭り 青森ねぶた
インフォメーション

ねぶたQ&A
ねぶた掲示板
ねぶたガイド
■ボランティアガイド
■祭案内所
募集
■一般審査員
■ミスねぶたの紹介
■写真コンテスト
■協賛うちわ
■聴いて!ねぶたの魅力
ねぶたグッズ
■ビデオ・DVD
■ねぶたネクタイ
青森ねぶた実行委員会
■実行委員会組織[PDF:85KB]
■決算報告[PDF:137KB]
■特別検討委員会発足


(1)運行に関すること


1)祭りはいつ行われますか?
毎年8月2日から7日までの6日間開催します。8月2日から6日までは夜間運行、8月7日は昼間運行と夜の花火大会・ねぶた海上運行が行われます。また、8月1日は前夜祭と浅虫温泉花火大会が開催されます。

2)どこで見られますか?
青森市内中心部で開催しており、JR青森駅からは徒歩10分、青森中央ICから車で15分で運行コースに到着します。運行コースは全長約3.1qあります。ねぶたは車道を運行しますので歩道でご覧ください。

【運行コースのご案内】

3)毎日同じ内容なの?
8月2日・3日は子どもねぶた(地域の町会・子ども会が制作したもの)約15台と大型ねぶた約15台が運行します。8月4日から7日までは大型ねぶた約20台が運行します。運行する台数、順番は毎日変わります。

4)雨などで中止になることはあるの?
ねぶたに大きなビニールをかけて運行しますので、雨でも中止はしません。今まで運行が中止になったことはありませんでした。


(2)ハネトに関すること

1)参加するにはどうすればいい?

ハネト衣装(正装)を着て、運行スタート前までに運行コースに待機しているねぶたの団体へお入りください。
●ハネトの参加方法・ルール
http://www.nebuta.jp/sanka/sanka.html 
●スタート時間、運行コースはこちら
http://www.nebuta.jp/schedule/2014schedule.html


2)団体に所属してなければ参加できないの?事前の登録や当日の受付はあるの?
団体に所属していなくても参加できます。ハネトは自由参加ですので、事前の登録や当日の受付もありません。ハネト衣装(正装)を着て参加してください。

3)途中から入って参加することはできるの?
当日は大変混雑しており、また運行の妨げにもなりますので、途中からの参加はやめましょう。
●ハネトの参加方法・ルール
http://www.nebuta.jp/sanka/sanka.html

4)衣装はどこで手に入るの?
青森市内のデパートなどで一式市販されています。また、衣装の貸出と着付けをしてくれるところもあります。
●ハネト衣装の着方
http://www.nebuta.jp/sanka/kikata.html
●ハネト衣装の購入・レンタル
http://www.nebuta.jp/sanka/rental.html

5)掛け声「ラッセ」の意味は?
「(酒またはろうそくを)いっぱい(一杯)出せ」がなまって「イッペラッセ」となり「ラッセ」が残ったものだと言われています。


(3)ねぶたに関すること

1)ねぶたの起源は?
七夕様の灯籠流しの変形であろうと言われていますが、起源は定かでありません。青森におけるねぶたの記録では、享保年間の頃に油川町付近で弘前のねぷた祭を真似て灯籠を持ち歩き踊った記録があります。明治時代以降、青森では人形をかたどった灯籠(ねぶた)が主流となり、大型化していきました。昭和の初め頃までは担ぎねぶたが主流でしたが、現在のように大型化したのは戦後に入ってからです。
昭和55年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

2)なんで「ねぶた」というの?
農作業の妨げをする眠気を送り出す習俗「ねむりながし」の「眠り」が「ねぶた」に訛ったといわれます。方言で「眠たい」=「ねぶたい」と言います。
また、アイヌ語の「ネプターン」(奇怪、不思議)からだという説もあります。

3)いつから作り始めるの?
ねぶたの制作日数は約3ヶ月かかります。ねぶた小屋内での制作は5月半ばからとなりますが、細かい部分はその前から手がけます。ねぶた師は祭りが終わると次の日から来年の構想を考え始めます。その年の終わりには具体案ができ、制作の依頼側と話がつき次第、顔や手足の制作が始まります。小屋に入ると急ピッチで作業が進み、追い込み時には徹夜の連続で、祭りの数日前ギリギリでようやく完成します。ねぶた師は一年中ねぶたのことを考えていると言っていいかもしれません。

4)どんな人が作っているの?
ねぶた制作者を「ねぶた師」と呼んでいます。ねぶた師は下絵(設計図)、全体の構造、色彩等を決めるねぶたの専門家です。制作にあたる人数は、ねぶた師を中心に、電気・紙貼りなどで延べ300人にもなります。

5)大きさは?
台車(高さ約2m)も含めて、幅9m・奥行き7m・高さ5mの制限があります。重さは台車も含めて4トンもあります。台車自体は、大型車両の車軸・タイヤを活用し、発電器を収容するスペースを配置しての作りになっています。

6)費用は?
総額約2,000万円です。そのうち、ねぶた師の報酬は約400万円で、その大半を材料費、人件費(電気関係・紙貼り等)に費やします。ですから、ねぶた師は本当にねぶたが好きでないとできませんね。

7)何でできてるの?
針金に和紙を貼っています。新聞紙片面の大きさの和紙(奉書紙)を約2,500枚使用します。昔は竹で骨組みを作っていましたが、今は針金で作っています。

8)制作工程は見られるの?
5月上旬〜ねぶた祭終了まで、「青森県観光物産館アスパム」うら「青い海公園」の一角に、ねぶたを制作・収納するためのねぶた小屋「ラッセランド」を作ります。入り口が開いている小屋については、自由に見ることはできます。ただ小屋の中に入るのは、制作している人に一声掛けてからにしましょう。また、ラッセランドでは7月上旬〜8月6日まで、ねぶたガイドによる解説付きの見学ができます。

9)祭り終了後のねぶたはどうなるの?
各団体によって異なりますが、ほとんどのものは解体されます。「ねぶたの家ワ・ラッセ」や「ねぶたの里」、他地域での催しで展示されるもの等、引き取り先が決まっているものはそれぞれ引き取られて行きます。また、その団体の自社のPR用として活用されることもあります。

10)ハネトの数はどれくらい?
1台のねぶたに500〜1,000人くらい、多いときには2,000人が跳ねています。期間を通して約9万人ものハネトが参加しています。


(4)囃子方に関すること

1)囃子で参加したい場合は?
初心者の方を受け入れている団体もありますが、各団体とも囃子賞を目指し練習していますので、すぐに参加することは難しいようです。囃子の楽器の一つである「笛」は澄んだ深みのある音色を出せるのに3年かかるとも言われています。また太鼓は、祭りの最後まで同じ調子でたたき続けるため体力と熟練が必要になります。何年も練習を重ね、本番のねぶた祭で揃った囃子を奏でることができます。
各運行団体では6月頃から囃子の練習をしています。

2)楽器は?
笛・手振り鉦・太鼓の3種類の楽器が揃って、ねぶた囃子となります。一団体当たり50〜100人で構成されています。笛は篠笛で歌口1ヶ所と指穴7ヶ所のものを使っています。太鼓は「締め太鼓」で「鋲打ち太鼓」は使用しません。手振り鉦は青銅または真鍮でできており灰皿のような形をしており、撞木を鉦の内側にこすりつけながら縁を打ちます。
笛・手振り鉦は、青森市内の楽器販売店で販売しています。

3)楽譜はありますか?
笛(初級編・中級編)・手振り鉦・太鼓と4種類の楽譜があります。基本がこの楽譜となり、団体・囃子方によって多少アレンジして演奏しています。楽譜はご希望があれば差し上げております。
●楽譜はこちら
http://www.nebuta.jp/kiso/hayasi/index.html



掲載画像の無断複写・転載を禁じます。