トップページ >  知る >  審査方法

審査方法

青森ねぶた祭実行委員会の審査委員会では、8月2日から5日のうち2日以上運行した大型ねぶたを審査対象とし、8月2日から5日まで毎日審査をしています。

審査は、祭り主催団体、報道機関、有識者の中で、ねぶた又は芸術に造詣の深い者である「審査委員」と、文化団体、国際交流団体などからの推薦者と一般公募の青森市民による「一般審査員」で行っています。

賞の設定

団体の部、制作者の部の賞を決定しています。詳細はこちら

審査スケジュール

8月2日~5日   審査
8月5日 審査結果集計
8月6日 表彰式・記者会見

 

採点にあたっての着眼点

青森ねぶた祭の伝統性を重視しつつ、審査員の感性をもとに総合的に評価し採点しています。

項目 着眼点 点数
(配分)
ねぶた
表現

・発想企画

・勇壮華麗

・躍動感

・重厚感

100点満点
(60%)
構図

・全体的な見栄え

・バランス

・見送りの工夫

色彩 ・墨の線と効果的な色づかい
明暗 ・効果的照明
繊細度 ・有効な細やかさ
運行・跳人
統制

・全体的なまとまり

・伝承性のある運行編成

・ハネトの一体感

・服装や運行態度

100点満点
(25%)
扇子持・
曳き手 

・ねぶたをいかした動き

・扇子持と曳き手との呼吸

ハネト

・伝統的なハネト衣装の着用

・躍動性、かけ声

囃子
音色・旋律

・旋律の調和、躍動性

・リズム、テンポ、強弱

・ねぶたとの一体感

100点満点
(15%)
囃子方 ・服装や態度、演出

 

掲載画像の無断複写・転載を禁じます。