トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  東北電力ねぶた愛好会

東北電力ねぶた愛好会

三国志演義「美髯公 関羽 参上」

作: 京野 和鴻



百八四年に起きた黄巾(こうきん)の乱を契機に漢の世は乱れ、(とう)(たく)(りょ)()曹操(そうそう)袁紹(えんしゅう)ら群雄の攻防が行われた。

董卓軍の呂布は、戦いを挑む諸侯の武将たちを次々と討ち倒し、名馬 (せき)()()に跨り、更に攻め込んで行く。

反董卓軍が応戦するも、その勢いに歯が立たない中、呂布を大喝して加勢した張飛(ちょうひ)との打ち合いは、その後、幾度となく続くも一向に勝負はつかない。

そこでついに二人の前に現れたのが武将 関羽(かんう)

身の丈は九尺もあり、長く美しい立派な(ひげ)をたくわえ、重さ八十二斤の「冷豔(れいえん)(きょ)」という名の青龍偃(せいりゅうえん)(げつ)(とう)を操る戦国の美髯(びぜん)(こう) 関羽(かんう) 参上の場面を表したものです。

私たちも「関羽のように力強く、これからも東北の復興と発展に寄り添い続ける」という強い思いを込めて、記念すべき五十回目の出陣をいたします。


≪ 県庁ねぶた実行委員会 2017年の大型ねぶた紹介 ヤマト運輸ねぶた実行委員会 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。