トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  私たちのねぶた自主製作実行委員会

私たちのねぶた自主製作実行委員会

天草四郎 昇天

作: 私たち一同



関ヶ原(せきがはら)の合戦後、九州 天草・島原の農民たちは領主からの圧政に強く不満を感じていた。

時を同じくして禁教令(きんきょうれい)(もと)、キリシタンたちも厳しく弾圧されていた。結果、3万7千人に(のぼ)る農民とキリシタンが、領主と幕府を倒すため結集し、寛永14年(1637年)10月、島原・天草一揆が起こった。

 

その一揆集団をまとめるため、総大将として立てられたのが16才の少年 天草四郎である。

四郎は難病を治したり、海上を歩く等数々の奇跡を起こし、人々から『キリストの生まれ変わり』『神の使者』と考えられていた。

 

一揆勢は島原半島にある原城(はらじょう)籠城(ろうじょう)して幕府軍と戦い、初めは優勢だった。

しかし戦が長引くことによる籠城疲れ、仲間割れ、また幕府軍による兵糧(ひょうろう)攻めにも()い、次第にその勢力を失っていった。

 

そして寛永15年2月28日、幕府軍12万4千人による総攻撃を受け、ついに原城は落城、一揆勢は全滅、天草四郎も本丸で討ち取られたとされる。

 

場面は、原城決戦の最後、天草四郎が仲間たちの魂の救済を願い、祈りを捧げる様子を表したものである。


≪ パナソニックねぶた会 2017年の大型ねぶた紹介 に組・東芝 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。