トップページ >  アーカイブ >  大型ねぶた紹介 >  日本通運(株)青森支店ねぶた実行委員会

日本通運(株)青森支店ねぶた実行委員会

火焔の蝦夷 阿弖流為と鬼剣舞

作: 林 広海



東北の歴史とは中央政府からの理不尽な侵略と敗北の歴史である。その歴史において、東北まほろばの地を守ろうとした英雄たちがいる。名を()せるところでは、源義経(みなもとのよしつね)であり、安倍貞任(あべのさだとう)であり、阿弖流為(あてるい)である。彼らは和の心を持って戦ってきたが、国史の名の下に敗者となり、非業(ひごう)の最期を遂げた者たちである。

 鬼剣舞(おにけんばい)という民俗芸能が、今も岩手県北上市周辺に伝わっている。刀を振りかざし、五色の忿怒(ふんど)の形相の鬼面をつけ、勇壮に舞い踊る。その鬼面には鬼ながら角はなく、仏教の五大明王(ごだいみょうおう)を表している。この踊りは、蝦夷(えみし)の地と呼ばれた東北の地で御霊となって亡くなった人々の鎮魂の儀式とも言われている。つまり、鬼剣舞の鬼とは仏であり、そう先の源義経であり、安倍貞任であり、阿弖流為である。彼らは、強力な中央政府に対して、まさしく「鬼」となって戦い、東北みちのくの地で散っていったのである。

 このねぶたは、今でも心の中に生き続ける英雄たちの鬼面をかざす阿弖流為の勇姿に東北蝦夷のみなぎる魂を表現したものである。


≪ 青森県板金工業組合 2018年の大型ねぶた紹介 ヤマト運輸ねぶた実行委員会 ≫
掲載画像の無断複写・転載を禁じます。